編集後記


 うれしい悲鳴をあげるほどたくさんの寄稿がありました。次号回しに同意してくださった方にはお詫びいたします。
▼袖振り合うも多生の縁といいますが、生きていく上で出会う人の数はたかが知れており、考え方も行動もちがって当たり前。当誌をそうした人生の交差点として何かを感じていただければと思っています。
▼常軌を逸するトランプの驚愕的行動、バイデン大統領発足は道のり未だ険し。またポスト安倍の菅政権の動きに日本もどこへと危惧します。菅総理誕生時、マスコミは一斉に「パンケーキ大好きの新総理」と好物を紹介。凋落する内閣支持率が大幅アップし、アイドルじゃあるまいし、国民はそこまで物事が分からなくなっているのでしょうか。「パンケーキおじさん」の仮面の下にあったのは、アベを上回る空疎で強引な手法。日本学術会議問題からも「推して知るべし」ですね。マスコミにも世間にも「お子さま文化」がそこまで蔓延している。空恐ろしいことです。
▼今号は立憲民主党の森ゆうこ副代表をはじめ、高梨さん、中瀬さん、杉井さんという新たな書き手が登場。それぞれの筆者が熱意をもってコトを語り、いまという時代の側面に迫っています。
▼年頭から発生した新型コロナも冬を目前に、変異を遂げてより強力になっているとか。ヨーロッパで再びロックダウンが始まっています。日本はといえば一部の国境を緩和し、GO TOキャンペーンのさらなる継続が図られて、経済の浮揚をめざしているとか。どんな影響が表れるのか気がかりです。

 ▼苦しい病の床から書いてくださった岩名さん、彼岸へ旅立たれたことを知りました。安らかにお眠りください





読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで