余録

 62号の感想です。台湾発「新型コロナ対策に成功した」……世界各国の新型コロナの感染者だが、台湾の感染者の少なさが目立つ。台湾発の記事がこの疑問を解いてくれた気がする。日本は対策が甘く遅かった。3月、WHOの「パンデミック宣言」時に何らかの規制をし、新型コロナを押さえる方策を徹底してほしかった。新型コロナを抑え込むことで、経済は今ほど打撃を受けなかっただろう。クルーズ船で感染が認められなくても公共交通機関で帰宅させたのは「おかしいんじゃないか」と仲間内で話したこともあった。また「人類の皆さんこんにちは」では主人公、新型コロナウイルスが自分を解説してくれていて面白く読ませていただいた。思いがけない視点からの記事で大変よかった。また「だから中国人は嫌われる」。青島に行った時も運転マナーの悪さに違和感を覚えたことも。そんな中国人の気質の理由を教えてくれた記事だった。参考にはなったが、中国人が日本に来たら日本人の気質を理解し、悪感情を抱かせないような配慮はしてほしいと思う。「郷に入っては郷に従う」ではないだろうか。(千葉の読者)





読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで