明智光秀の決断

             東京        阿部 敏夫
                                   





明治維新から現在に至るまで地元の人々や特定の研究者を除いて光秀を肯定的に評価した論評はほとんどない。本能寺の変は謀反人と悪名を高めこそすれ政権奪取の失敗作例として客観的な視点がないのは歴史家の責任だろうか。それとも柔軟な解釈を許される文学者に委任されたのだろうか。

 光秀を語ることは織田信長を理解することでもある。天下布武を唱えて国を統一しようとした信長を天才呼ばわりする識者は多い。例えば司馬遼太郎や池宮彰一郎は信長を評価し藤沢周平は嫌っていた。それは視点の違いからくる。

 藤沢周平が嫌ったのは信長の残虐さ。比叡山の堂塔伽藍を丸焼きにし僧俗三千の老若男女を斬殺する。この時、光秀も参画するのだが、出来るだけ軽く済まそうと配慮した節がみえる。多分、女子供も許さなかった信長の性格に異質のものを感じたのだろう。信長の異質は妹婿の浅井長政を討ち、そのこうべに装飾をほどこし手許に置いていたなど枚挙にいとまがない。






 現代の会社経営に例をとってみれば理解できる。最初は優秀で魅力的な社長と思って部下はよく働く。社長の指示通り成果をあげ、工場を経営し、地方支店を成功させる。経営幹部は競って業績の評価と報酬の多寡を気にする。明智光秀と羽柴(豊臣)秀吉の二人の家臣は常務取締役級の役職を得る

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」は光秀の仕事ぶりを、よく表現して長谷川博己の演技と男前にファンが多い。はじめて正面から人間光秀に迫ったと言える。

 職場を成功させれば指示した上司より実行した自分に能力があったとみるのは、いつの時代でも同じだ。とりわけ足利義昭。弱体化し名前ばかりの将軍義昭を織田信長に紹介することによって信長家臣になった光秀は途中入社組の幹部である。それにしても明智光秀自筆遺言状(鎌倉高徳院蔵)、明智光秀自筆覚書(細川護立氏蔵)は共に達筆である。

 誰もが触れる京都愛宕神社で詠んだ「ときはいま あめしもしる 五月かな」これは後世色々な解釈を生んだ。決起の決意表明との理解もあるが自ら危険をおかして事前に言うかとの考えもある。私は後者を採る。光秀の発句には


  ほととぎす
   いくたびもりの
この
  夏は今朝
しまがくれ
   行くなのみ哉


 いずれも光秀の知性教養を示すものとして表現されるが信長、秀吉には、この水準の資料がない。優秀な戦国武将であり政治家であり知識人でもある光秀になかったものは貪欲なまでの政権奪取に対する策略である。秀吉や家康にはそれがあった。知性は、いつの時代でも政権の邪魔をする。信長が考えていた後継者は光秀とする見解が多い。それでは光秀には、それが解らなかったのであろうか。あの営業上手の秀吉が抜擢されると焦ったのだろうか。多分、革新的ではあるが日本古来の文化に冷淡な信長、野心旺盛な秀吉。いずれも光秀の理想像とは遠かったのである。現代では、かつて自民党の幹事長だった加藤紘一がそれに近い。まさに加藤の乱と本能寺の変は近似する。

 本件は秀吉謀略説、京都朝廷の陰謀説、堺商人の権益維持説をはじめ七つの原因があると言われる。私は光秀自身の歴史観だと思う。古来の日本文化を熟知するだけに信長の残酷さは許せなかったのだ。そのため後世の史家は結果だけで評価し政治家や教育者はそれを利用する。明治維新の成果を存続させたい人達にとって忠誠心こそ大事だったのである。

 小説家は歴史を動かすことも出来る。東北の雄、伊達仙台藩の「伊達騒動」が起きたのは三代目藩主、つなむねのときだ。国家老原田甲斐の逆上抜刀事件は以後、甲斐を極悪人としてあつかってきたが、小説家山本周五郎は「樅の木は残った」で仙台藩を救った偉人として描き、今では評価が逆転して名家老として定着しつつある。資料だけで評価する歴史学会と文学者の感性が視点を逆転させた一例。


 明智光秀の知性教養がせまった決断を誰かが評価すべきである。



読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで