憲法と改憲を考えるシリーズ⑬

護憲のための《改憲》提案 専守防衛の自衛隊明記を

                  《探見》編集発行人森 治郎
                                   




日本国憲法の第9条を以下のように改めることを提案します。

 第1項「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」第2項「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」の後に、第3項として「前2項制定後の国際環境と前2項の趣旨に鑑み、他国・組織からの攻撃に対して、自国と自国民を守るために必要最小限の組織と装備は、これを保持する。(核・生物、毒物兵器などの)大量破壊兵器の開発並びに使用は禁止する。その組織は、他国領での戦闘や戦争に加わってはならない。国連の平和維持活動への参加は各議院の総議席の3分の2以上の賛成を経て法律に基づいて行う。その組織は、国内の災害救助・復旧活動への参加も本来業務とする。国際連合など確立した国際機関あるいは他国から、災害救助・復旧支援要請があった場合は、法律に基づいて行う」を追加する。







提案の理由

 安倍首相の「提案」を逃さず俎上に。

 安倍首相の執念「憲法9条の第1項、2項を残して、第3項として自衛隊の存在を明記する」提案に対して、憲法学者や護憲派政党・人々の間では「それによって9条が骨抜きになる」「戦争が行える普通の軍隊を持つことになる」として安倍首相の提案を丸ごと拒否する意見がほとんどのようです。しかし、私は、安倍首相が言葉の上だけにしろ憲法9条第1項、第2項(つまり9条そのもの)を認めたのですから、それを「大切に」し、安倍首相の「集団的自衛権行使を前提とした自衛権、自衛隊の明記」という主張に対して「自衛権を専守防衛の範囲とし、海外で戦火を交えることのない自衛隊の明記」を主張して、憲法の平和主義の理念を守るとともに、長年憲法と現実が乖離してきたことの解決を図るべきだと考えます。


守勢を攻勢に転じさせる妥協案

 私の提案は「軍隊はいっさい、永遠に持たない」という日本国憲法の本来の精神に“若干”反しているかもしれません。その意味で妥協案といえます。しかし、それこそが、守勢を攻勢に転じさせることができる有効な策ではないかと思います。

 まず第一に「憲法への自衛隊明記は必要」と考えている人の中で、多数を占めるのではないかとみられる「それが侵略的なものであったり、他国との同盟関係に引きずられて世界に戦火を広げるようなことがあってはならない」と考えている人たちの賛同を得ることができます。もともとの「9条改憲反対」の層に、その層が加われば、安倍首相的主張に対して強大な壁になるのではないでしょうか。




徹底論戦すれば改悪阻止の公算大

 自民党内でも安倍案の(彼らから見ての)危険性に気がついたようです。安倍案を引っ込めさせようとの動きもあります。自民党憲法草案の方がさらに危険なものです。その意味では論理的に矛盾のある安倍案は護憲派にとって闘いやすい敵ともいえます。安倍案を撤回させずに俎上に乗せることが得策です。

 仮に安倍案に代わるものが出てきたら、現在の流れではそれは集団的自衛権を容認し「自衛軍」を肥大化させ結局は日本と世界の安全に逆行するものでしょう。改憲派はこれまで同様、審議を尽くさないまま数の力で集団的自衛権の憲法上での公認をめざす案の国会発議を強行するかも知れません。その場合護憲の側が上述のような具体案を出して徹底的に戦えば、その過程で与党案の危険な本質が国民の目にますます明らかとなり国民投票の段階で阻止できる公算がより強くなると考えます。






『探見』は2011年4月に、朝日新聞社OBの故酒井憲一さんが編集人、森治郎さんが発行人となって創刊しました。「ゆっくり歩いて、見て、聞いて、(許されれば)触って、読んで、知る。そしてそのことを楽しむ」という探見精神(2人の造語です)の紹介と推進を目的としています。

読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで