権力と安倍さん

東京 斎藤喜代子



日本は、一強による「忖度」大流行りだ。
オバマさんによると、世界中そうなっているという。



 ボクシング界の山根会長、日本大学の
日中理事長、そして、安倍総理。
最近ニュースの体操協会、塚原夫妻。
権力を笠に着、身内や知り合い、
己の利益を追求する。周りの人々は
仕返しを恐れ、追従する。持ち上げる。
昔に比べ、現代の大人たちは成長していない。
ガキ大将中心のような大人社会を作り上げている。





 昔のガキ大将は、弱い子をかばいながら、
グループを纏めていた。ところが、今や、
大人も子どもも、ガキ大将は弱いものを
トコトンいじめる。死にまで追い込む時もある。



 人は権力を握れば、権力を手放したがらない。
組織を私物化し、基本のルールや節度は
無視、常識をわきまえない。やくざドラマを
見ているようなボクシング界のドン、オトコ山根。
終身会長と称し、青少年のスポーツの判定
にまでも圧力をかけていたという。
日大にしてもしかり。総長が頂点にいた
はずだが、気が付けば理事長が頂点に
なっていた。自らが組織を改正(?悪)し、
教員や人事にも口出ししている。
体操協会は夫婦で協会を牛耳り、判定に
不正もあったという。
自民党総裁任期を2期から3期に延長したのは
安倍総理。憲法も改正するとか。
潔さが見られない。



 勝海舟は「生業に貴賤はないが、
生き方には貴賤がある」「政治家の秘訣は
誠心誠意の4文字だけ」と言っている。
組織トップの人たちは、自分の生き方を
恥じることはないだろうか。



 税金の投入を受けている組織、税金で
食べている人は、襟を正し、その組織内部の
空気が澱まないように気を付けてほしいものだ。




読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで!

ページトップへ