安倍3選は晋三が強いのではない

強くしているのは国民の無気力だ

東京都江東区 三田 栄考


 安倍晋三首相は自民党の党則を変更させて
3選を果たし憲法9条改憲に突き進もう
としている。安倍1強と言われて久しい。
彼は数々の不人気法律を強引に成立させた。
森友・加計疑惑も解明させないまま押し切った。それほど安倍政権は強いのか?
平和憲法・9条も風前の灯だろうか?



 安倍晋三が強いのではなく、野党が弱い
のである。自民党の長期政権にウンザリした
国民は民主党政権を期待したが、
内部抗争や総花的政策・短命首相等に
反自民野党に国民が愛想を尽かした
のが大きい。野党政権に回帰はコリゴリ
との思いが強い。そこに持ってきて現在野党が
分裂してバラバラだから政権は自民党に
任せるしかないという国民の意識である。
それが支持率に現れていて安倍1強に
つながっているのだ。その上に
小池百合子都知事に振り回されるようでは
頼りないと思われる。加えて自民党議席の
5分の1の野党第一政党では何を言っても
迫力なんかない。頼りないと思われる。
不人気な法案を通しても支持率が下がらない
のだから与党内では安倍晋三に敵
対できない、尻尾を振る保身ばかりの
自民党になるから安倍1強になっているわけだ。安倍晋三に小泉親子のような人気も
リーダーシップもない。純一郎は
「自民党をぶっこわす」
「参議院で否決されたから国会解散」「原発廃止」など強い意思とリーダーシップがあった。
時にかなった発言などで人気を博した。
純一郎なら大向こうを唸らせる改憲発表で
国民を引っ張って改憲まで走らせる力が
あっただろうが、安倍晋三では
それだけの勝負に出る気迫や人気に乏しい。
自民党員45%が飽いている。国民の55%は
安倍首相を支持してない。そして
護憲・リベラル派にこれほど嫌われた
首相はいない。しかしその安倍をして
憲政史上最長の政権を許す結果になろう
としているから情けない。が安倍首相が
下手に動こうものなら無党派層も
反安倍になる。その時こそに倒閣運動を。



晋三にはそんなに力はないぞ



 彼の力は野党混乱、後継実力者ナシ
とわずかな成功に過ぎない。アベノミクスを
晋三自身もあまり言わなくなったのが
うまく行ってない証拠。新しい国を作ると
今頃言うのはおかしい。だったら今まで
何していたのか?



 6年も総理をしていたら各国の首脳とも
絆もできようが、外交の安倍を強調するほど
成果はないぞ。ロシアに経済援助をする割には
「平和条約を」と言われ何の見返りもない。
変人トランプとの蜜月を鼓舞するけど
TPPや関税でもお返しがないどころか
兵器を大量に買わさせられる。
お陰で軍事費は史上最高額だ。
中国・韓国首脳とも良い関係も前進もない。
ましてや北朝鮮外交や拉致問題も進展なし。
トランプの後追いするのにヒイヒイ言っている。
途上国回りして人気取りの税金を
ばら撒いているだけだ。



 そもそも改憲なる大事業は飽きがきている
3選後では勢いに欠ける。2期目くらいに
一気呵成にやらないと支持派の国民も
熱くならないから不可能だ。彼にとって
不幸なことにはその2期目にモリカケ
不祥事が生じたのを、
災い転じて福となすことができなかった。



 長年の保守政権は権力と甘い汁で
公明党とか各界各方面に対する
求心力になっている。昔から野党は
路線対立という分断軸がある。
そして共産党に対する温度差が大きい。
共産党さんは党名を変えるくらいの
脱皮ができないなら、すまないが黒子に、
縁の下の力持ちになるのが
保守暴走政権を倒す近道だ。
野党の政策路線協議を始めるのは
自公の分断に完全に成功してからだ。
人の集まるところ保守の地盤ができる。
国民の集うところ正義と平等と平和が
なければいけない。我々は歴史と
人類の進歩を革新と言う。



安倍は総裁選が盛り上がるのを避けて、
石破は意気地なく公正・正直を避けた。
自民党は総裁3選禁止の党則をやめた



手をつなぐが仲良くなれるんかい?

読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで!

ページトップへ