北朝鮮のミサイルを撃ち落したら
日本は滅ぶ

大阪市中央区 馬場 正雄









自民党は北の脅威に、国を守れと愛国心を

ゆすぶって軍事力行使を強調する。

保守系の議員とその支持者は圧力に

重点を置くとの世論調査があった。

軍備では恒久平和を

達成できないことを

まだお分かりにならないらしい。

軍備は精々抑止力だけ。敵意を持った核保有国が

存在する限りは平和とは言えない。

ましてや迎撃すれば、撃ち落しても落とせなくても、

さらなるミサイルが飛来して核戦争になる。

それは日本人が、人類が絶対

避けなければいけない事態だ。



 ヒロシマ・ナガサキは天が人類に与えた警告とも

言えるのに、全世界で70年間、殺戮に使われずに

すんだのに国内で3番目の爆発があれば、

われわれは地下の被爆者に顔向けができない。

いかに超軍事大国の米国でも一挙に一瞬に

北朝鮮の核兵器を殲滅できるわけはない。

金正恩委員長は米国の核兵器の飛来を

察知したら、即、全兵器のボタンを押すことになる。

日本も韓国も米国も人類史上最悪の被害が出る。

米国の専門家が東京とソウルで200万人が

死亡とかの試算を出していた。北朝鮮は自国が

滅ばされるなら、金正恩氏が全力で反撃するのは

自明の理ではないか。攻撃に対して北朝鮮は必死で

反撃できる態勢を移動式や潜水艦や

秘密基地などで築いているはずだ。先制攻撃で

反撃能力を破壊するには何十発の核爆弾を

北朝鮮に落とさなければならない。



 安倍自民党はトランプ大統領に人類史上最悪の

殺人者になれと促す気なのか?

ミサイルが飛んで来ても迎撃するなと言うのではない。

この瞬間にも核ミサイル飛来の危険性があるのに

私も含めて人々はノンキ過ぎないか? 

選挙でも具体的な方策は議論されなかった。

北朝鮮にミサイルを発射させないのが

唯一の解決策だ。



貴方はどの道を選びますか?



 東京五輪をこんな緊張状態で迎えるのは危険だと

の意見もあるが、これが3年も続くことはない。

ものごとは膠着状態が続くのではなく

エスカレートするものだ。解決しているか

破滅しているかのどちらかだ。

(A)迎撃態勢を強化して安全確保する

(いつまで?五輪後もこんな緊張が続く?

飛来して撃ち落したらその次はどうなる?)

(B)こんな状態を続けられないから圧力を強化して

交渉の場に持ち込む

(日本は戦前ABC包囲網=米英支)に

反発して「石油は生命線」

と戦争に突っ込んだように。

人はましてや国家は国民の手前強硬路線に

走るもの。圧力は反発と核戦争を招く)

(C) 攻められる前に攻めるのが戦いの常識、

北朝鮮を先制攻撃して金正恩体制を覆す。

(斬首作戦が噂に出た時点で、彼等の警戒により、

不可能になった。一瞬の一斉攻撃で

反撃出来なくなるほど北の基地を叩き潰すのは

人間としてできまい)

(D) 圧力と共にこちらから閉ざされた対話の扉を

こじ開けて、辛抱強く、騙されても裏切られても

(核戦争に較べたら遥かに被害は小さい)

各国が説得に動く。迎撃の為の軍事費を

友好関係構築に使ったら相手も心休まるだろう。

金正恩という独裁者が恐怖政治の上に、

政治の手段に核をもてあそんでいる。

しかも、相手がトランプというかつてない


異常な大統領であるから危ない危ない。


 おまけに安倍晋三という戦後最も好戦的

いや軍事優先の首相が「話し合いは意味がない」と

北朝鮮を挑発している。3人の役者が競っているから

危険極まりない。金正恩氏の孤立感が

深まって切れてしまったら、あの暴君が

自暴自棄になって見境いのない戦争になってしまう。

交渉のルートが、話し合いの場がなければ

解決できない。日朝国交回復こそが平和への道だ。

韓国は平昌五輪に北朝鮮チームが来たら

その期間はミサイルが飛んで来ないと考える。

そして五輪を機会に少しでも対話ができないかと

模索している。


 こちらが手を上げたら、向こうが核兵器で

身構えるのは当然ではないか。国を守るのは

パトリオットやYHAADではない。迎撃兵器で

対応すれば結果的に国を亡ぼすことになるのを

しっかり理解すべきだ。



読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで!

ページトップへ