川柳散歩



「アベノーは 民のご意向 思い知れ」



東京都議選で惨敗した自民党は、またまた

安倍内閣の支持率が急落し、支持26%で不支持は

56%となった(7・23毎日新聞調べ)。

原因は、数による強引な「共謀罪」の採決や「加計

学園」・「森友学園」問題。さらにPKOの日報問題な

ど、いわゆるアベチルドレン・旗本たちのお粗末「顛

末記」による。



 その1つが豊田真由子衆議員(42)の秘書に

対する暴力、暴言の数々。日常のパワハラに

耐えかねた秘書がとった録音では、彼女のヒステリ

ックな「死ね。生きる価値がない」「このハゲ」など考

えられない罵声の数々だった。思わず「びっくりや

オレのことかと頭
()」で、まさに

「おごる安倍は久しからず」の姿であった。


 「共謀罪」闘う川柳――が記事になった

(毎日新聞)。戦時中、治安維持法違反で獄死した

川柳作家・
鶴彬(つる あきら)(1909~38)は「手と

足をもいだ丸太にしてかへし」「万歳とあげて行った

手を大陸へ置いてきた」
(徴兵された男たちが丸太

の如き悲惨な姿で帰国した)と詠む。彼の郷里石川

県では、「鶴彬を顕彰する会」の幹事である

岩原茂明さん(68)らは「平和川柳は不正義や権力

との戦いだ」という。投稿川柳は、「共謀罪」に対し

これからは署名も
躊躇(ちゅう ちょ)するだろう

霊あらば阻止隊列に鶴彬」と詠む。








 さて、その安倍首相だが、世論の支持率急落で

逃げまくっていた国会閉会中の審査に仕方なく応じ

ることになった。野党の追及に首相とその取り巻き

は都合が悪けりゃ「記憶にない」を連発、ウソで固め

た弁明は誰にでも分かるウソ丸出しの演出やった。

トラの威を借りた首相はネコやった」「エンマさんア

ベとその他の舌抜いて
」。



 一方、アベノミクスだが、芭蕉流に言えば「おもろう

てやがて悲しきアベノミクス
」というところ。アベさん

と日銀も一緒になって、どうしても物価を2%に

上げるという。冗談いうたら困るんよ。それにしても

貧富の格差は開き、エンゲル係数の大きい庶民の

台所は日々、火の車。今でも食品などの値段は

確実に2%を超えているんやないかいナ。



 全く「頭痛アベは加計でオレ家計」ですわ。それに

しても野党第一党も善光寺参りの参拝ではあるまい

に「民進も自民に引かれ惨敗だ」ではアカン。

その屋台骨の「連合」は、多くから「春闘はアベ官制

の春闘よ
」「組合費アベ明神にお供えだ」なんて言

われとったら、もうおしまいよ。多くから「昔陸軍いま

総評」と言われた時代が懐かしく、そこには労働者

同士の連帯と誇り、夢があった。今はそれがない。






読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで!

ページトップへ