加 計 学 園 問 題

私なら安倍首相をこう追及する



東京 深川 三田 栄考



衆参で集中審議が行われたが、今後の展開はどうなるか?本誌でも三田氏に紙上で首相を追及してもらいました。

本誌50号が出る頃にはどういう展開になっていることか?(8月7日現在)




軽はずみ発言を死守し、

嘘の上塗りを重ねた



 首相は「決定の過程には一点の曇りもない」

「加計学園を頼んでいない」と答弁されているが

国民はそう受け取ってない。もし本当にお友達を

優遇する気持ちがない、なかったというなら、

自治体や国が百億以上ものお金を加計学園に

土地や補助金を出すことを知った時点で

「それはまずい、李下に冠を正さずだ。

私の腹心の友の加計氏を援助すると国民感情が

許さない」と是正指導すべきだった。

今となってはいかに弁明してももう遅い。

国民は納得しない。失われた信用、支持は

戻らない。回復方法はただ一つ、

「加計学園獣医学部は取消し、白紙にして

審議をし直す」と宣言することだ。

そもそも総理は予算委員会での「もり・かけ問題で

自分や妻が関係していたら首相を国会議員を

辞しますよ」、この軽はずみな発言が

発火点であります。その発言を守る為に官邸は、

役人は嘘に嘘を被せる羽目になったのだ。





証拠が出ても、

知らぬ存ぜぬとは



 前川前事務次官発言を信じる国民が大半で、

「怪文書みたいなもの」と切って捨てた菅官房長官

を是とする人はわずかだ。文科省が出してきた

文書に信憑性を認めるのが60%、文書は

残ってない、言ってないと主張する内閣府を

信頼するものは20%もいない。

自分は権限がない、何も命令してない、記憶にない

とシラを切る総理の腹心の萩生田副官房長官の

言葉に納得する国民は1割もいない。

山本創生大臣の獣医師会での発言記録

「加計学園に決まった」

を正しいと思う国民が殆どで、大臣の

「医師会の思い込みで事実でない」を

信じる者は少ない。



 もはや加計学園優遇問題でなく文書、証言、

証拠が出てきても、よくもまぁ否定し、忘れた、

記録がないと強弁した政権への不信なのだ。

昨年11月に地域限定の条件を持ち出し、

既に総理、加計氏、今治市間で水面下で了承し

走り出させて、平成30年開学と

「総理はお尻を切った」と京都産業大学をふるい

落とした、余りにも露骨なやりかたを国民が

怒っているのですぞ。学園は市から土地の寄贈を

受ける前にボーリング調査を始めているから

呆れる。片方は圧力を受けながら文書を出し、

証言しているのに、政権側は証拠を突きつけられて

も、無かった、言ってない、記憶にない、

忘れたでは誰が納得できようか。

都議選で負けて支持率が落ちたから不本意に

集中審議に応じたに過ぎない。

しかも総理は自分は関与も権限もないと言っておき

ながら「獣医学部を2校でも3校でも意欲のある

大学は増設すればよい」などと、お友達だけを

認めたのではないフリをし始めた。

これを語るに落ちたというのですぞ。

これには京産大も「今更無理」と、

首相のヤケッパチ発言を

否定したではありませんか





13年5月河口湖畔にて 加計学園理事長と(萩生田官房副長官のブログより)





加計学園の

隠れた迂回献金はないか


 加計学園と政権の癒着は目に余る。

当事者の木曽官房参与は学園の理事

兼千葉科学大学長ではないか。

そもそも下村博文当時の文科相は、

加計学園からの200万円献金に、22人からの献金

受けたから名前を出さないで良い――

などと幼稚な嘘で説明された。

じゃ加計学園自体は実際にはどのくらい隠れた

献金をしているのか分からない。

8月に発売された週刊誌に選挙に加計学園の

職員を派遣するなど安倍首相との癒着の構造が

具体的にされだした。今後もこの面からの追及も

続けますぞ。加計孝太郎氏は逃げ回らずに、

キチンと国民に説明して然るべきだ。

 1月20日に初めて加計学園が今治に申請して

いると知ったとは!周りが皆知っているのに

本人が知らなかったとは!何故そんな嘘をつくのか

?!おまけに関係大臣は追及逃れで交代させ、

首相の意を忖度した衆参国対委員長や腹心の部下

は大臣や要職に就ける。言葉と実際とは大違い

では国民は納得しませんぞ。




 


読者からいただいたメールを載せています。ご覧になってください。
編集部では皆様からいただいたメールには出来るだけお返事を
出すよう心がけています。

ご意見・ご感想はこちらまで!

ページトップへ