ホーム 新聞かわら版 今日のひと言 貴方の憲法観 馬場正雄の窓
リンク集 菊田議員 インタビュー


豪華客船クイーンエリザベス号潜入航海記


                               大阪市 中央区 馬場 正雄


金持ちもすなるクルージングといふものを
俺様もしてみんとするなりが、
同じ乗るなら世界一の格式を誇るクイーンエリザベスにと
大阪からアモイまで乗ってみた。

3月22日大阪港を夜遅く錨を上げて翌々日の早朝長崎に、
その夜上海に向けて出港。翌日は終日航海、
その翌朝速く上海に寄港上海観光、翌日は終日航海、
早朝アモイ入港。船内六泊だ。
世界一周も兼ねて各地を回るコースで
部分切りならぬ部分乗船もできるわけだ。
軍艦のように勇ましさ、商船のようなスマートさはないが、
全長294m、最大幅32.3m、9万総屯数、乗客2081名定員,
2010年竣工の巨船だ。全体がホテル仕様といえる。
永いタラップを登り船内に入るとそこはメインロビー。
エレベーターで一気にデッキ8の8014室に入ると
確かに船の客室らしくコンパクトにできているが、
バルコニーもちゃんと付いていて、NHKの海外番組も可能だ。
シャワー室は狭いが特に窮屈さは感じなかった。



お登さんの俺様は船内探訪に出かけたが



 大阪港の天保山桟橋に接岸している
エリザベス号に乗込むには、名簿やパスポートの確認、
イミグレーション、手荷物検査、船内支払いカードなどの
煩雑な手続きをやっとクリアして部屋に落ち着く。
エリザベスビルは地下がA階で、デッキは12階まである。
左右の舷に長い廊下がある。途中に4基のEVホールがあるが、
俺様は3日目までホールは2つと思ったが
やっと4ヶ所あるのを発見した。
プールもジャグジーも含めて何ヶ所もあって
屋外プールだから少し寒いがそこは温湯でカバー。
1,2,3階はお客様娯楽の中心部。
領海内中は休止しているが
日本を離れるとおおぴらにできるカジノ・・・
人が不幸になることを前提にしているから
公明党まで賛成するのが不思議だ。
図書館、ブランドショップ、美容院、ダイニングルーム、
トレーニングルーム、エリザベスを中心とした写真館、
画廊、卓球室に、ゲートボール室。
各所に展望室やカフェーなどがあって
地下はメディカルケア―室。甲板たるデッキには
数十の安楽ビーチベットなどが幅を利かせていた。
スクリューを2つ付いたの救命ボートが10艘ほど
甲板の上に取り付けられていた。
ゲートボールやバトミントンコートも。
何といってもレストランは圧巻だ、
入口に向かう廊下はどこもが船内を感じさせないゆとりがある。
乗客は航行中も殆ど揺れることもなく
船内生活を思い思いに楽しんでいた。
レストランも街中にあるバイキングとは比較にならないほど
種類も豊富で、海が見えて雰囲気も最高だ。
いやいや、ロイヤルコートシアターに至っては
3フロアーをぶち抜きで3階席にはバルコニー席まであって
その一室にエリザベス女王陛下が#15席に就かれたので
ロープがしてあった。座席は800席あって
日本橋三越劇場を上回る。
うっかりすると船内劇場にいることを忘れてしまう
落ち着いた余裕の雰囲気で、毎日違ったショーを見せてくれる。
俺様にはあの踊り子さんは出番の無い日は
何の仕事をしているのかな?
いやいや、他の仕事なんかするわけない等と雑念が入る。
相方は英語ばかりで面白うないと苦情。
ことばが分からなくても身振りなどで感じさせる催し物、
出し物が良かったのに。船長が曰くに2000名で
約350名の日本人客だそうだ。



 
乗客や乗船員はどんな輩が乗り組んでいるのか



確かに乗客は千差万別で上品で豊かそうな人も多い。
沖縄に3ヶ月、京都に1月居たとかいう御仁もいた。
50代、60代で余暇を楽しんでいる旅行者もかなりいた。
そうそう、さすがに車椅子も5人、杖に頼る人も20人はいたな。
驚いたことに盲目の人も見かけた。
西洋の年寄りが余生をゆっくり楽しんでいる
雰囲気の人が多かったな。日本人は悠々自適で
余裕綽々の人もいれば、楽しみにしていたクルージングは
初めてだと嬉しそうに語る人、他方小金を貯めて
やっとエリザベス号に乗れたような団体のグループもかなりいた。
小柄な日本人はどうしても貧相に見えるのは致し方ない。
エリザベス1世の頃は英国の貴族風の人ばかりだったかな。
クルージングを楽しめる人は往時よりもだいぶ増えたのは
歓迎すべきことだろう。そう言えばクルーたる乗組員は
見事なまでに各国に分かれていた。
朝夕ベットメーキングのボーイは聞いたらフイリッピン、
西洋人らしきウエイトレスを追及したらやっと出てきた
国名がラトビア。写真屋はマレーシア、バイキング会場には
タイ人やベトナム人、カジノの賽を振るのはバングラデシュ、
受付やショーをやるのは西洋人。
まぁ、人種配分はうまいというか当然の帰結かもしれないが。
そりゃ、クルーズ各社も競争だから
人件費も主要なポイントだろう。



さすがはエリザベスの晩餐会



航海中に時々フォーマルな日が設定される。
その日は18時以降はラフな衣服はやめて、
この時には男性はネクタイとスーツに、
女性はドレス姿でお越しくださいというわけだ。
淑女方にとってはこれがまた大事らしい。
普段では身に着けては相応しからざるジュエリーを
身に纏い写真に納まるのも大きな目的だ。
ベストポジションは中央部の吹き抜け3階で階段を利用し、
或いはエリザベス号の船影画をバックに納まるわけだ。
時間帯になると10組前後が並ぶ。
小柄な日本女性も和服に変身すれば
一人前に見えるから結構だ。
キャプテン主催の晩餐会ともなると俺様は
隅っこに小さくなっている。
さすがに社交ダンスは優劣の差が顕著だ。
この西洋式の踊りは一見女性が
自由闊達に動くように見えるが、
その実、男が主導権を持って華やかなドレスの華を
開かせるそうだ。俺様にだって見るだけで、
軽やかにステップを踏む者、ぎこちない者、
ゼンマイ式の踊りとおおよそ分かるぜよ。
そりゃそうだね、誰だって初めからうまいわけはないわな。
毎日色んな名目でダンス場は踊り手に占有されていたが、
まぁ船上ダンスが目的の客も多いからな。
キャプテン(700名の船員の船長は女性だった)
主催のパーテイとなるともっと大変だ。
入り口で船長と記念写真をと長蛇の列で
待つこと20分もかかる。要はご婦人方は着こしめした
自分に浸るのがクルージングの目的でもある。
ここでは母から義母から、あるいは自ら手に入れたジュエリーを
思う存分着飾ってカメラに収まる。
勿論、船員が担ぐシャンパン、ワイン等は飲み放題だから
俺様は心おきなくいただいた。
船長が各部署の部下を紹介し終わったら
アッサリお開きになって舞踏会場に衣替えだ。



クルージング20回、30回のつわものがいる



皆様方にそれとなく聞いてみたら、確かに初めての人もいるが、
他方数回目が一番多く、
10回、20回いや30回の猛者までがいたのだから驚いた。
いったいそんな金はどこから出てくるのか俺様には判らない。
さすがにこんなお金持ちと話していると
金はどこからでも湧いて来るように思ってしまう。
不思議なことだ。俺が気にしていた上級クラス以外は
立入り禁止ゾーンはあるにはあったが
そう不愉快なほど多くはなかった。
窓のない客室はその分広くてお得なスペースとも聞いた。
それに参加回数を重ねると船会社も客室係も
大いにもてなしてくれて、待遇がVIPになって、
食べたいものを言うと翌日には何でも食膳に昇らせてくれる
ーーと豪語する客もいた。さすがに完全現役は少ないが、
半分現役の者、全くリタイヤしたものに分かれていた。
今クルージングに来ているのは
足腰が立たないようになってしまっては
ライフ・クオリティが落ちるから今のうちに体験を重ねたい
との意味があろう。しかし、もう持っている金を
使いこなしてしまわないといけないと言う……
程度にしか考えてない人にもお目にかかった。
「どこの料理が良い」「どこのシアターが面白かった」
「あの船のダンス曲が踊りやすい」
「どこの 観光が充実」していた、等の話ばかりで、
もはや世捨て人かと思われる輩で、
ある意味勿体無い感じもした。
遣唐使が、鑑真和上が、
倭寇が命がけで東シナ海を渡ったに較べると
余りにも勿体無い気が引けて、俺様はフロントに交渉して
アモイで降ろしてもらうように交渉したが、
香港までの契約で途中下船はイミグレーションの用意が
大変だなどと言われたが、
そこはそれ持ち前の強引さであばよ!
をしてきました。



 
長崎に降りてみた



時間が限定されているから時間制タクシーで
急いで市内を回ってみた。運転手自身も反核、
反原爆の意見を言われるのは結構だが、
へそ曲がりの私は
「原爆世代が世を去り、聞き知った我々も亡くなるとどうなる?」
と思ってしまう。

平和記念館におとづれる人は世界の中で極くわずか。
実体験しなくても、見聞きしなくても。
核は絶対悪、21世紀に廃絶できなければいずれ核戦争で
人類も地球も亡ぶという完全共通認識ができないようでは、
反核運動には限界がぶつかってしまう。
記念館を見た、爆心地で思いを新たにしたーー
というだけで自分の責務は果たしているという
自己満足を買っているのではないか?
運転手はしばしば
「へぇぇぇ、クルーヂングーですか、羨ましいですな」
と何度もつぶやく。そうだな、普通のサラリーマンでは
リタイヤしてもそんなに余裕はないな。
彼が言うたびに少し後ろめたさを感じた。
エリザベスが訪ねる港は比較的安全な港だが、
内乱で寄れない港、貧富の格差が大きすぎる国、
インフラ、疫病で安心できない港等々、
西欧先進国の一部に組み込まれた
俺様は感謝の念を深くしなければいけないだろう。










ページトップへ戻る